カモメのつぶやき

好きな映画や本のことを書きます。あとアメリカに留学してたこともあるので、留学や英語にいつても書くことがあります。

ビートルズの『Get Back』は誰かの空想を映画化したようにクリアな映像と音声だ

 いま蘇る。と散々使い古された言い方があるけど、『Get Back』は文字通り、いま蘇るザ・ビートルズ。って感じです。

ディズニープラスに入会しました

 もうね、ディズニープラスに入りました。サブスクが増えるの嫌だとか、そういうレベルの作品じゃないです。

 ビートルズファンならもちろんですが、音楽ファンも発見だろうし、あの時代を検証するにあたり文化史のひとつとしても必見なドキュメンタリーだと思います。

 

四人のドラマが鮮明すぎて生々しい

 鮮明でクリアな映像に生々しいメンバーたちの声。

 ビートルズ最後のライブとそれに付随するアルバム制作のすったもんだするドキュメンタリーです。

 ライブをするテレビの特番まであと2週間。でも、曲の準備全然できてないんですよ。

 10数曲必要なわけです。アルバムだったり特番だっりに必要なのは。

 できてないっていっても、14曲中半分しかできない、とかのレベルじゃなくて、やっと着手し始めた曲が4曲くらい、

 特番でやるライブの場所も決まってない。つまり何も決まってないんです。

 もうほとんど、絶望的なレベル。

 

 そんな中で、ビートルズ四人の関係性の複雑さを垣間見せられます。

 仕切ろうとするポールに微妙なレスポンスのメンバーたち。ジョージに至ってはハッキリと嫌だ、というスタンスをとっています。

 ジョンはジョンでビートルズより小野洋子の方に興味が高く、毎日スタジオに連れてきて、メンバーも言いたいけど何て言って良いか変わらず、困っちゃってます。

 とにかく、そんなやりとりが、

 

監督ピーター・ジャクソンの前作

一時世界大戦のドキュメンタリー

監督は『ロードオブザリング』シリーズのピーター・ジャクソン

「なんで、この人?」と思ってたけど、前作『ゼイシャルノットグロウオールド』を見て納得。

 第一次世界大戦終戦100年をむかえ、当時の大量にある映像をデジタルでカラー化することで、今撮影したような非常にリアリティのあるドキュメンタリー映像になってます。また当時実際参戦した元軍人たちのコメントが全編流れます。死体も普通に出て来ますし、かなりエグい描写が多いですが、それゆえに戦争の悲惨さを表現しており、最高の反戦映画になっています。

 膨大にあるフィルムを編集して、現代に蘇らせる手腕を買われたのでしょう。

 

 話を戻すと、この『Get Back』をみると、ジョンがまだ生きてるような、いや、かつてジョンレノンやジョージという人がいて、ポールとリンゴとの関係を含め、こういう人だったんだな、ということを肌で感じることができます。

 とにかくおすすめです。

トム・クルーズの大出世作『トップガン』

トップガン』。

 35年前の映画です。

 良いですよね。トム・クルーズが着てた革ジャン買いました。G-1っていう革ジャン。海軍の人たち用の革ジャンですね。

 

トップガン(吹替版)

トップガン(吹替版)

  • トム クルーズ
Amazon

 

 物語は…。

 海軍飛行機パイロットのエリート隊がトップガン 。その中でも、型破りで腕利きなパイロットがトム・クルーズ。トムは持ち前の破天荒さで存在感を示します。

 女性上官とのロマンスや相棒が事故で死んだり、どこかの国の戦闘機とドッグファイトをしたり、そんな内容だったかと思います。

 

 この映画のポイントは、なんと言ってもトム。トムの魅力爆発です。

 ニヤニヤするトム。

 上半身裸でビーチバレーするトム。

 革ジャンを着るトム。

 戦闘機トムキャットに乗るトム。

 バーで相棒グースと歌うトム。

 バイクをぶっ飛ばすトム。

 

 特にビーチバレーのシーンのシズル感がすごいです。もう、ピカピカ光ってますね。テリッテリです。あのシーン必要か?って思わないでもないですが、

 また撮影はカリフォルニアのサンディエゴなんですが、抜けが良いと言うか何とも爽やかな映像になっています。

 

 今日言いたいことはこのくらいです。

 

確かに巨匠。ガツンとくるケン・ローチ監督の『私はダニエル・ブレイク』

 巨匠ケン・ローチ。知らんかった。
  
『フロリダプロジェクト』、『万引き家族』、『パラサイト』と、アメリカ、日本、韓国、イギリス、と先進国で、貧困の話が立て続けに公開&ヒットしてる現実がすごいです。

 

 

わたしは、ダニエル・ブレイク』。
『その男ヴァンダム』みたいに、ダニエル・クレイグが出てくるのかな、と思って見てました。

 ダニエル・クレイグではなく、ダニエル・ブレイクですね。

 結構な勘違いですね。

 いやいや、こんなにすごい話だったとは思いませんでした。
 なるほど。巨匠ですね。
 他の作品も見てみようかと思います。

あなたは40秒で支度ができるか?『天空の城ラピュタ』

「40秒で支度しな」と部下に言ったら、「え?何?」って顔されただけで40秒経過。パズーの優秀さがわかった。


カリオストロの城』同様、ラストはすごくさわやか。さわやか過ぎて泣ける。
あと公開当時、パズーって変な名前だな、と思った。今も思っている。

音楽映画の良作『ボヘミアン・ラプソディ』

 フレディ・マーキュリー

ボヘミアン・ラプソディ』です。劇場で見たけど、これ見て、曲に合わせて足踏みなり手拍子なりしないで我慢できる人いるんですかね?

実話どうこうはさっ引いて見ても最高な映画です。
 メジャーにのし上がっていくサクセスストーリー、仲間との確執、ゲイとしての苦悩、病との闘い、いろいろな要素が絡み合っています。

 

 エンディング曲のチョイスも私的には100点満点です。スカッとした曲が逆に涙腺を刺激して涙が出て出ちゃいます。

 見た後は、実際のライブエイドの映像をYouTubeで見て、その完コピ具合を楽しめる2度美味しい映画です。 

 

 

 

シンプル映画紹介『レザボア・ドッグス』

 タランティーノ初監督作品。『レザボア・ドッグス』。

 音楽で言えばファーストアルバムです。ファーストアルバムには、そのアーティストの作家性が最も顕著なかたちで現れると言います。

 

 

 レザボア。

 タランティーノのキャッチーさが凝縮された映画です。

 スタイル、会話、音楽、俳優陣。

 何度も見たくなるタランティーノの素敵さが凝縮された映画です。

 ちなみにサントラも最高。

シンプル映画紹介『プラトーン』

 

「数あるベトナム戦争の中で、『プラトーン』が最もリアルだ」

アメリカの大学のときの教授が言ってました。その教授はベトナム戦争に従軍した経験があるジャーナリズム学部の教授でした。

 

 

 というわけで、ベトナム戦争何を見て良いか迷ってる人は、『プラトーン』一択です。この映画語り甲斐のある素晴らしい映画なのでまた別の機会にいろいろ書きたいと思います。